2007年03月07日

クリスマスローズの病気について・ブラックデス

秋になり気温も下がってくるころ、最低気温が十度代に落ちてきています。この時期、クリスマスローズは、どんどん新葉をだし元気に動き出します。

けれども、この時期に注意しなくてはいけないことは、病気の発症です。「ブラックデス」もこのころから発症する可能性が高いです。

黒くコールタールを塗ったような真っ黒な色と新葉に縮れなどがみられた場合は、すぐに取り除きましょう。


blackdess.jpg

早期発見が病害虫対策の基本です。

クリスマスローズの病気ブラックデスですが、この症状が出た苗からはカビ・菌は未だ発見されてはいないようで、今のところは植物ウィルスが原因ではないかなと考えられています。


ブラックデスの原因は、昆虫、雑草など手入れ不足、ハサミなどの器具・鉢・手指からの植物への進入になるかと考えられてます。



症状

ブラックデスの発生は10月から12月初旬にかけてと、平地で花が開き始める2月から4月が最も多く発生します。

春先や秋に茎の基からクリスマスローズ・ガーデンハイブリットの新しい葉が伸びて新しく出てくる茎や葉の葉脈に沿ってコールタールを葉に塗ったように黒いシミが突然、現れます。
新葉は撚れてきて、その症状が急に葉や茎全体に広がります。

蕾の場合には蕾が開かず黒いシミに蕾全体が被われて、生長が阻害され生育が遅くなり弱ってきます。

普通のブラックデスの発生は、このような感じですが、新しく展開した葉にはモザイク病の症状が同時に現れてくることもあります。

これらブラックデスの症状は無茎種のクリスマスローズ特有の症状とのことですが、他の有茎種も、時たま同じようにモザイクの症状をともない現れる事が有るらしく、無茎種特有の病気ではなくヘレボルス(日本で一般的に、クリスマスローズと呼ばれているもの)全体を取りまく病気と考えられます。



防除対策方法

1.新しい株を手に入れたら、少なくとも一年は通常クリスマスローズなどの植物を育てている場所とは別の所に隔離しておく。
病気が出てからの隔離ではなく、入手した時点での隔離。
入手した時点での他の株との隔離・これが一番にする予防です。

2.クリスマスローズの置き場所などの近くに生えてくる雑草の除去。

3.定期的に殺虫剤をまく。


4.はさみなどの器具の消毒。



様々な花卉農作物にウィルスを媒介する昆虫は、主に

アブラムシ・スリップス(アザミウマ)・ダニなど、その他植物の液汁を口針で吸う昆虫になります。

このスリップスやダニ・アブラムシなどの昆虫を、植物を栽培する棚や植物の周囲から除去するには、

●クリスマスローズの近くのこれらの昆虫の住みかとなる雑草を放置しないこと、

●病気を発生したと思われる植物を手や指で触り、その手で健康な植物に触れないこと、

●次に園芸作業に使用するハサミやナイフ・鉢などの器具を火や第三リン酸ナトリウム(殺菌殺虫ではなくウィルスの活性を無くす)の液で消毒するなどが主な対策になると考えます。




ブラックデスの症状を表した植物は衰弱し、時には暫くしますとその症状が無くなったり、また病気の葉を切り取ると新しい葉は一時的には健康な姿になる場合があります。

原因が植物性のウィルスに寄ってだとすると、病原体は植物体の根・茎・葉・花の中に入ったまま中で、増殖していると思われ、このウィルスの侵入した植物をスリップスやアブラムシが新たに汁を吸い、次の元気な植物を襲ったらどのようになるでしょう・・
明らかにその病気を広げて、新しい植物の中で増殖し始めます。

害虫・スリップス(アザミウマ)について>>

害虫・ダニについて>>

害虫・アブラムシについて>>



スリップスやダニは小なため人間の目での確認は難しいですがですが、アブラムシは比較的身体が大きいので、目に見えて簡単に発見することが出来ます。

elleboro.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブラックデス/ブラックデス
Excerpt: ブラックデスについて悩みを解決するには、まずはブラックデスについての正しい知識が必要です。そこで、ブラックデスについての情報を集めました! ブラックデスについて調べて、ブラックデスに関する悩みを解..
Weblog: お悩み解消ネット
Tracked: 2007-03-11 18:19

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。