2007年03月29日

3月・種を取る場合・取らない場合

クリスマスローズ育て方・栽培法>3月の管理>3月.種を取る場合・取らない場合

●3月.種を取る場合・取らない場合


種を取る場合

クリスマスローズの種を取る場合


咲いた花は本来萼が花弁化したものだけに数週間しても落ちず、花色の褪せた状態も、また楽しめますが、
咲いた花をそのままにしておくと、株が弱りますが、
種を取る場合には熟すのを待って5〜6月に切り取ります。

 
種を取らない場合


必要ない種を付けてしまうと、株が弱りますので花を切り取って次の花や、株自体に栄養が回るように備えましょう。


※種で育ったクリスマスローズは、様々な色に育ちます。

種から育てる場合へ>>

elleboro.jpg
posted by rose at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3月の管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。