2007年03月12日

ミヨシ クリスマスローズ

*クリスマスローズ ナーセリー*


株式会社ミヨシさんの生産される、クリスマスローズは、とても人気があります。クリスマスローズ以外にも、沢山の珍しい植物を生産しておられますが、特に人気です。


開花見込みあり!クリスマスローズ シングルバレンタイングリーン 6寸ポット



 
創 立
1949年04年01日

事業内容

花卉を中心とした育種、開発、生産、販売が主業務。
商品は主としてカーネーション、かすみ草、リモニュウム、ガーベラ、デルフィニュウム、苺、わさび、さつまいも等の組織栽培技術(MC)をもちいた栄養系種苗、宿根草、プラグ苗による切り花用、鉢物用、花壇用花苗の育種、開発、研究および生産した草花種子、球根、園芸資材を販売。
販売先は各県経済連、農協、種苗店、花卉生産団体、営利栽培農家対象が中心で園芸店、公共事業。


 
elleboro.jpg

2007年03月07日

クリスマスローズ ナーセリーとは?

クリスマスローズ ナーセリー> クリスマスローズ ナーセリーとは?

近年は、イングリッシュガーデンの影響でイギリスの園芸が盛んに紹介されてナーセリー・Nurseryという言葉も広く知られるようになってきました。

これはクリスマスローズのナーセリーに限りません。

ナーセリーと生産者との違いについては、少し違うようです。


公共的な植物園などで、補植用の植物を生産保存している裏方の部門もナーセリーと呼ばれますが、少し意味合いの違うコマーシャル(商業)ナーセリーと呼ばれるナーセリー(生産して売る人)
を説明したいと思います。

イギリスではナーセリーマンは生産者であると同時に民間レベルの植物学者です。
種の保存のための民間制度・ナショナルコレクションの重要な役割として活動しているところも多く、ナーセリーの社会的な地位も高い位置にあるらしいです。(ステイタス性の高いお仕事ですね。ここは、ちょっと日本と違うようで、寂しい気もします。
日本もそうなればいいと思います。)

ナーセリーはそれぞれ個性があり、特定の種類の植物を専門的に生産している所や、特定の国、特定の土地の植物のみを生産していたり、球根植物のみを生産するところもあります。
もちろん、クリスマスローズ専門ナーセリーもあるわけですね。


ナーセリーで販売される植物は責任生産(自家生産)が原則です。責任生産だからこそ、植物について専門的な知識を提供できるのです。
したがって、ナーセリーでの販売が流通の基本となっている英国では、卸販売の複雑な流通システムがありません。

ロンドンなど大都市周辺のガーデンセンター向けへの卸はあるものの、それは一般向けの種類が大半です。

卸販売がないことによる不便さは、さまざまな情報網でフォローされているようです。

イギリスのナーセリーは田舎に点在していますが、趣味の園芸家は、ナーセリー独自の交配種などを求めて、自ら出向いたり、通販を利用したりしてナーセリーから直接購入します。

日本では、卸販売が大きな比重を占め、流通は大卸、中卸、小卸、販売店と複雑化しています。

日本では、私は卸販売に出かけることは多いのですが、卸販売の時点で、そこそこの値段がつけられているため、一般店舗ではあまり安くで売られていない現実もあるようです。

englishnrasery-dog.jpg


elleboro.jpg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。