2007年03月29日

3月・種を取る場合・取らない場合

クリスマスローズ育て方・栽培法>3月の管理>3月.種を取る場合・取らない場合

●3月.種を取る場合・取らない場合


種を取る場合

クリスマスローズの種を取る場合


咲いた花は本来萼が花弁化したものだけに数週間しても落ちず、花色の褪せた状態も、また楽しめますが、
咲いた花をそのままにしておくと、株が弱りますが、
種を取る場合には熟すのを待って5〜6月に切り取ります。

 
種を取らない場合


必要ない種を付けてしまうと、株が弱りますので花を切り取って次の花や、株自体に栄養が回るように備えましょう。


※種で育ったクリスマスローズは、様々な色に育ちます。

種から育てる場合へ>>

elleboro.jpg
posted by rose at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3月の管理

3月・株分け

クリスマスローズ育て方・栽培法>3月の管理>3月・株分け

●クリスマスローズ3月・株分け



ベスト時期は、9から10月ともいわれますが、暑すぎず、寒すぎない時期に株分けをしましょう。
込み合ってきた大株は株分けして、増やす楽しみもあり、クリスマスローズの株自体を若返らせることも出来ます。

株分けのポイントは1株に2芽以上はつくよう、ハサミで切り分けたり、マイナスドライバーを使って株分けをします。
詳しくは、株分けのページへ>>
elleboro.jpg
posted by rose at 12:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3月の管理

2007年03月27日

3月の植え替え・植え付け

クリスマスローズ育て方・栽培法>3月の管理>3月の植え替え.植え付け

●クリスマスローズ3月の植え替え・植え付け



■3月の植え替え・植え付け

鉢植えで鉢の中が根でいっぱいになってきたら植え替えの時期です。
花の後の春3〜4月か、秋9〜11月の寒くなって霜が降りるまでが、適した時期です。真夏の植え替えは弱るので避けましょう。
(大半の草花に当てはまります。)


株分けをしたい場合は、涼しくなってきた9月、10月が敵して時期です。

植え替えの場合は、この時期にどうぞ。


Q&A クリスマスローズの植え替え


鉢の下から根が出ていたので鉢から、抜いてみたのですが根がびっしり鉢の中で回っていてカチカチに堅く全くほぐれません。はさみなどで手荒にほぐしてしまって良いのか、水につけて根を洗って土を落とした方が良いのかどうして良いのかわかりません。


鉢植えのクリスマスローズは、3〜4年経過すると根がこのような状態になります。

株分けしたくなかったら根を出来るだけ切らないようにして植え替えましょう。
(株分けすると、翌年花がつかない場合もあります。)

植え替えの時期は3〜4月、9〜11月
鉢の形は、上が広がっているもののほうが、次の植え替えの時、抜けやすくオススメです。


■庭への植えつける場合



明るい木陰



日当たりのよい場所

落葉樹の下の水はけのよい場所にします。
深さ30cm程度の穴を掘って植えます。

腐葉土、苦土石灰100gを混ぜ合わせがベストです。
根は切らないように注意。

水はけが悪い場所なら植えつけ場所に盛り土し高くしてから植えましょう。

elleboro.jpg
posted by rose at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3月の管理

2007年03月26日

3月の肥料

クリスマスローズ育て方・栽培法>3月の管理>3月の肥料



●3月の肥料



カリ分の多い緩効性化成肥料を花が咲いた後、1株5g与えます。



鉢植えの場合は6号鉢で4g、追肥として、さらに液肥を月に2〜3回与えます。


elleboro.jpg
posted by rose at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3月の管理

2007年03月21日

3月の置き場所

クリスマスローズ育て方・栽培法>3月の管理>3月の置き場所

●クリスマスローズ3月の置き場所



■3月の置き場所


3月になりますと日中暖かい日も多くなります。
5月頃までは成長期です。
・冷たい北風が当たる場所にある株などは風のあまり当たらない場所に移動しましょう。

・日光に十分当て株を丈夫に太らせておきましょう。



・この時期、日照が不足すると新芽の徒長の原因になりますので
気を付けましょう。
気温が低くても空気が乾燥している為、水が乾きやすくなっています。


・中でも、リヴィダス、コルシカス等は若干寒さに弱いので霜の当らぬ場所に置くようにしましょう。
elleboro.jpg
posted by rose at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3月の管理

クリスマスローズ3月の水遣り

クリスマスローズ育て方・栽培法>3月の管理>3月の水遣り



■クリスマスローズ・3月の水遣

●水やり


クリスマスローズは、3月くらいまで咲き誇っていることと思います。

開花中は水分が花にとられていきます。


生長が始まっているので、水切れさせないように注意します。
土の表面が乾いたら底から出てくるくらいたっぷりと与えますが、鉢皿の水は捨てます。
根腐れの原因になるからです。



庭植えでも乾燥した晴天が続くなら水を与えますが、やり過ぎにも注意しましょう。 

極端に乾燥が続くと、株が弱ってしまいます。花も小さくなってしまうようです。


午前中に水やりをします。
この時期乾燥していますので水切れしないよう充分に気をつけましょう。凍ってしまわないよう、暖かい午前中に水遣りをします。

自宅でガーデニング/ハンキングガーデン
elleboro.jpg
posted by rose at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3月の管理

クリスマスローズ3月の管理

クリスマスローズ育て方・栽培法>3月の管理

●クリスマスローズ3月の管理


1月より咲き始めたクリスマスローズは3月になりますと
どこの庭でも、いっそう咲き誇っていることと思います。
ガーデンハイブリット・原種などと、クリスマスローズの花が咲き、クリスマスローズのガーデナーにとってはこの頃が最も嬉しい時期となります。





●マルチングを取り除く

12月〜2月の間、地植の株などには敷きワラや
落葉樹の落ち葉などでマルチングをして(土が凍るのを防ぐなどするため)ましたが、
そろそろ3月になると暖かい日もあり、蒸れるなどして、害虫の住処になりますので取り除きましょう。

乾いたら水遣り、日に当てる。液肥は10日に1度与る。が基本です。


■クリスマスローズ・3月の水遣りへ>>

■3月の置き場所へ>>

■3月の肥料へ>>

■3月の植え替え・植え付けへ>>

3月・株分けへ>>


■3月.種を取る場合・取らない場合へ>>





 

elleboro.jpg
posted by rose at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3月の管理

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。